同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。8話あらすじ

menu

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。あらすじネタバレ画像※無料立ち読みOK

『同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。』りゅうとひさしの幼馴染エロ漫画を今すぐ読むならコチラ!画像付き、あらすじネタバレ紹介&無料立ち読みもあります!

第8話 誰もいない教室で、イカせながら想いを告白。

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。の第8話『誰もいない教室で、イカせながら想いを告白。』のあらすじ紹介です。ネタバレ要素があるのでご注意下さい!

第8話 あらすじ

体育祭はまだまだ続いていました。

体育祭と平行して実行委員の仕事もこなすエリカ。

3年生のみんなは今年最後のリレーにどうしても出たいといい、エリカ一人で仕事をこなすことになったのです。

そんなエリカのもとにケンジが話しかけてきます。

そして、お手伝いをすることに。

エリカが一人だというこの状況はケンジにとっては救いの神のような存在だったのです。

エリカはケンジが手伝ってくれてすごく助かったといいます。

二人羽織でケンジは自分のアレがエリカにあたっていた件で申し訳なく思っていて謝るのですが、「気にしてない」というエリカにムスっとし、乱暴にエリカの服を剥いでしまうのでした。

下着の上からでも分かるこぼれ落ちそうなほどの豊満な胸を触りながら、エリカに父親よりも好きだと告白をするのでした。

しかし、「私はもう君のお母さんだから」といって断るのです。

するとケンジは暴走し、エリカの敏感なところを刺激し、エリカのアソコは洪水状態になっていくのです。

「何でウソつくんだよ、こんなになっているのにさぁ」

そういいながらもさらにエリカをいじめてみます。

するとエリカはされるがままに感じ、ついに絶頂へと向かいエリカのあそこは洪水状態になっていくのでした。

腰が抜けて座り込んだエリカは「ケンジのことがすき」と言うのですが、ケンイチのことも好きというのでした。

どっちも好きと言うのがエリカの正直な気持ちだったのです。

それにはケンジはポカンとしてしまうのでした。


▼続きを今すぐ読むならコチラ▼

同級生は親父の嫁。
ベッドの上では俺の嫁。

【コミックフェスタ】同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。ver3

コミックフェスタで配信中!
※同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。本編を読むには会員登録が必要です。

スマホ専用|iPhone・Android対応
docomo / au / softbank
月額300円(税別)~