同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。6話あらすじ

menu

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。あらすじネタバレ画像※無料立ち読みOK

『同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。』りゅうとひさしの幼馴染エロ漫画を今すぐ読むならコチラ!画像付き、あらすじネタバレ紹介&無料立ち読みもあります!

第6話 限界まで密着!ヌチュヌチュ動いているうちに…

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。の第6話『限界まで密着!ヌチュヌチュ動いているうちに…』のあらすじ紹介です。ネタバレ要素があるのでご注意下さい!

第6話 あらすじ

2人が家に着くと、エリカの元に電話がかかってきます。

電話の相手は父親でした。

なんだか恥ずかしそうに電話をし、切る様子を見て、ケンジは「何て?」と聞きます。

「毒虫の毛針が体にも付着してるかもしれないから・・お風呂で洗い流したほうがいい」

と、恥ずかしい顔をしながら父親から言われた通りにケンジに伝えるのでした。

しかし、エリカは両手に包帯がグルグル巻かれているので、ケンジにお風呂に入るのを手伝ってほしいと言います。

「こんなこと、ケンジくんにしか頼めないから」

そう言われ、ケンジはエリカのお風呂を手伝うことになるのでした。

エリカとケンジは小さいころからの幼馴染。

幼稚園のころに二人で入ったこともあるのです。

そんな感じで洗ってほしいとエリカはケンジに頼むのです。

ケンジはエリカに指示されるとおりに洗います。

しかし、ケンジは目隠しをされているので、エリカのことが見えていません。

背中を洗ってなんて指示されて、正確に洗えるわけもなく、目隠しをされたことで余計に感じる女の子の柔肌感に興奮を覚えるのでした。

背中を洗っていたはずのケンジはいつの間にかおっぱいを洗っていたのでした。

洗ってもらいながらもだんだん感じていくエリカ。

何も見えないケンジの手は、エリカの乳首までも攻めるのでした。

エリカはすごくびっくりし、過剰に反応すると、ケンジは手を滑らしてしまいます。

スポンジをとったケンジは再びエリカの体を洗うのですが、エリカは正面を向いています。

目隠しをしていても、感触でわかってしまい、ケンジは興奮を隠せなくなっていくのでした。


▼続きを今すぐ読むならコチラ▼

同級生は親父の嫁。
ベッドの上では俺の嫁。

【コミックフェスタ】同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。ver3

コミックフェスタで配信中!
※同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。本編を読むには会員登録が必要です。

スマホ専用|iPhone・Android対応
docomo / au / softbank
月額300円(税別)~